Course

コース



PAR4
NO.1/10
やや左ドッグレッグのミドルホール。
ティーショットは、やや右狙い。セカンドショットは距離感がつかみにくいので、グリーンオーバーに注意したい。 NO.1/10
NO.1 : 371Y(HDCP10) NO.10 : 343Y(HDCP11) NO.1/10
PAR5
NO.2/11
手前の池にプレッシャーがかかるストレートなロングホール。ティーショットが上手くいけば、2オンも可能だが、グリーン右に深いバンカーがあるので注意したい。 NO.2/11
NO.2 : 447Y(HDCP18) NO.11 : 478Y(HDCP9) NO.2/11
PAR3
NO.3/12
ワンオンを狙いたいショートホール。飛びすぎはOBになってしまうので、クラブの番手選びは慎重に。 NO.3/12
NO.3 : 141Y(HDCP17) NO.12 : 175Y(HDCP8) NO.3/12
PAR4
NO.4/13
やや左ドッグレッグのミドルホール。距離が短く、フェアウェイが狭いので、確実にフェアウェイをキープ出来るクラブで攻めたい。グリーン手前と奥に深いバンカーがあるので注意したい。 NO.4/13
NO.4 : 309Y(HDCP14) NO.13 : 329Y(HDCP7) NO.4/13
PAR4
NO.5/14
ストレートのミドルホール。左右に曲がると池・1ペナ・林があるので確実にフェアウェイをキープしたい。グリーン周りは、何もないのでピンデッドに狙いたい。 NO.5/14
NO.5 : 379Y(HDCP16) NO.14 : 352Y(HDCP15) NO.5/14
PAR4
NO.6/15
距離感のあるミドルホール。ティーグランド前の池が気になるが、フェアウェイセンターを狙って攻めていきたい。グリーン右に深いバンカーがあるので注意。 NO.6/15
NO.6 : 363Y(HDCP6) NO.15 : 377Y(HDCP5) NO.6/15
PAR5
NO.7/16
左ドッグレッグのロングホール。ロングヒッターは、ティーショットをショートカットで狙いたいが、池があるので注意したい。グリーン左手前には、深いバンカーが待ち受けているので花道から攻めたい。 NO.7/16
NO.7 : 510Y(HDCP2) NO.16 : 507Y(HDCP3) NO.7/16
PAR4
NO.8/17
やや左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、残り100Yを残すクラブで打ちたい。飛び過ぎると、見た目には分かりにくいが、左足下がりのライのため打ちにくい。
グリーン手前に池、グリーン左に深いバンカーがあるので注意したい。 NO.8/17
NO.8 : 340Y(HDCP4) NO.17 : 355Y(HDCP1) NO.8/17
PAR3
NO.9/18
手前の池にプレッシャーのかかるショートホール。霊仙寺湖からの風の影響を受けやすいので、クラブ選択を考えて。グリーン右の深いバンカーがあるので、つかまらないように注意しながらグリーン手前から攻めたい。 NO.9/18
NO.9 : 162Y(HDCP12) NO.18 : 162Y(HDCP13) NO.9/18

 

コースタイプ 丘陵
ラウンドスタイル 全組セルフプレー。歩いてラウンド(手引きカート)
1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可能
グリーン ベント
コース OUT 9H PAR36
IN 9H PAR36
練習場 あり
カード DC JCB VISA
シューズ メタルスパイク不可
宅配便 あり
乗用カート 2名乗り  4バック 1台 2,000円(限定 8台)
4名乗り  4バック 1台 3,600円(限定 6台)
お問合せ
予約する